包茎手術や治療の費用・料金が気になりますよね?包茎治療を検討しているが、経済的な部分が気になっている方も多いです。

当サイトでは「包茎クリニック」での手術を「強く」推奨していますが

  • 健康保険は使えるの?
  • 包茎の種類・症状によって料金は変わる?
  • 治療費やアフターケアには費用がかかる?
  • 悪徳クリニックに騙されて高額料金請求されないか?

包茎治療とお金をテーマに当ページでは包茎手術費用で知っておくべき事を掲載しています。

ピックアップ!

rokei_main

包茎手術の専門クリニックとして治療者数や症例数が伸びている話題のクリニックです。

包茎治療の費用・料金が安い?

話題の包茎クリニックとして、チェックしてみて下さい。
料金も他のクリニックと比べて治療費用もリーズナブルです。

→ABCクリニックの治療費用一覧はこちらからご参照ください

 

ABCクリニックの注目点。

  • 最安値「3万円」からの治療費用
  • 治療の予約日調整による3,30,3プロジェクト割引キャンペーン
  • 他のクリニックで傷口が残った場合の修正治療件数 2000件突破
  • 他病院でカウンセリングを受けたが、ABCクリニックで治療をした人 98%以上
現在、治療する人が増えている注目のクリニックです。

abckoushiki

 

包茎治療の料金比較

まずは包茎治療の一般的な公式表示の料金・費用の一覧です。
国内の有名包茎クリニックの料金比較です。

真性包茎・カントン包茎手術

※仮性包茎は料金・費用が安くなる・手術しなくても良い可能性があります。
ABCクリニック 5万円~15万円 →詳細ページ 
本田ヒルズタワークリニック 非公開 →詳細ページ 
東京ノーストクリニック 7万円 →詳細ページ 
東京スカイクリニック 9万円~40万円 →詳細ページ 
上野クリニック 7.2万円~10万円 →詳細ページ 
ヒルズタワークリニック 5万円~15万円 →詳細ページ 

真性包茎やカントン包茎のほとんどの場合は手術や治療が必要になるケースです。

仮性包茎の軽度の場合、手術をしなくてもよい事もありますが、日常生活や性交渉に影響が出ている場合・悩んでいる方は積極的に包茎治療する事をお勧めします。

手術保険に関して

だいたいのクリニックでは通常はこのように設定されています。

  • 真性包茎・仮性包茎→健康保険は適用されず。
  • 仮性包茎→健康保険が使える。

仮性包茎は健康保険が使えて料金・費用が安くなりますが、真正包茎など症状が少し重たい内容は保険は使えず自由診療になるクリニックが多いです。

自由診療の場合、手術頻度や治療数が断然多い包茎専門クリニックをお勧めします。
→当サイトの推奨クリニック

修正包茎手術

他のクリニックで失敗したり傷口が残ってしまった症状を他のクリニックで「修正治療」を受ける場合があります。

要するに「手術の失敗を他のクリニックで治療をする」というものです。
ABCクリニック 5万円~15万円 →詳細ページ 
本田ヒルズタワークリニック 非公開 →詳細ページ 
東京ノーストクリニック 14万円 →詳細ページ 
東京スカイクリニック 20万円 →詳細ページ 
上野クリニック 15万円 →詳細ページ 
ヒルズタワークリニック 20万円 →詳細ページ 

一度、包茎手術した部分を「修正」するので難易度は少し高くなります。その分料金・費用も難易度と比例して高くなる様子です。

決して多くはないと思いますが、一般病院の泌尿器科や形成外科などでの手術・また悪質な包茎クリニックで手術した場合、手術痕や陰茎に違和感がある事例があります。

もし修正治療を希望する方は、徹底的にカウンセリング・無料相談をする事をお勧めします。

切らない包茎手術の場合

包茎手術では一般的に陰茎のかぶった皮を切除して縫合するのですが、近年では経度の場合「切らない包茎手術」を行うクリニックが増えました。

切らない包茎手術の公式の料金・費用表示は一覧になります。

ABCクリニック 5万円~15万円 →詳細ページ 
本田ヒルズタワークリニック 非公開 →詳細ページ 
東京ノーストクリニック 3万円 →詳細ページ 
東京スカイクリニック 非公開 →詳細ページ 
上野クリニック 非公開 →詳細ページ 
ヒルズタワークリニック 3万円~12万円 →詳細ページ 

切らない包茎手術に関しては、包茎の状態を見て適応・不適応が判断されるため包茎手術費用は、その時で変わるかもしれませんね。

包茎手術の技術も進化してきており、近年では「切らない」ように行う手術法が確立されてきています。

やはり手術をして一番気になるのは「傷痕が残るかどうか?」切らない包茎手術が可能か否かもぜひクリニックで聞いてみてください。

特集ページ・包茎手術の体験談

包茎手術の体験談

真性包茎やカントン包茎の手術料金・費用

包茎の種類によって費用・料金は全く違ってくることがわかります。 真性包茎・カントン包茎は早期に治療した方がよく、しかも健康保険を利用して安く抑えられる可能性が高いので、治療してしまうのがベストでしょう。

その際の手術費用・料金も形成外科や泌尿器科よりも安くなる事があります。きちんと包茎クリニックで料金・費用を聞きましょう。

仮性包茎の手術料金・費用

仮性包茎の場合は、軽度の症状・治療不要の場合や手術法も変わり、治療しなくても良いケースも存在してきます。もちろん仮性包茎であることに悩んでおり、日常生活でも苦労しているなら治療はすべきです。 どういった治療をするのかこの点は費用・料金のことも考えながら決めるのが良いかもしれません。

 

包茎は生活に問題が生じるのでしょうか。

衛生面で大きなリスクが発生するのが包茎です。 皮をかぶっているということは外気に触れる機会が少ないわけですから、亀頭部分に汚れが溜まって細菌が増殖してしまったりします。 これがきっかけで病気になる可能性もあり、健康面でのリスクが考えられるわけです。

また包茎であることで自信を持てないという男性も多く精神的な面でのデメリットも指摘されています。性行為に関しても重度の場合は、性行為不能ですし、早漏の方が多いのも現状です。