カントン包茎の男性が注意したいことの一つは、裏筋が千切れてしまうことです。

裏筋が千切れる事があるの?

それはある状況下において発生しますが、裏筋が千切れてしまう可能性があることは間違いありません。
もし裏筋が千切れたら痛みが起きますが、その痛みについても注意が必要です

ここではカントン包茎で裏筋が千切れるケースと、その痛みについて解説しています。

包茎治療体験談

裏筋が千切れることがある

カントン包茎の人は、ある状況下において裏筋が千切れることがあります。

それはどういう状況かというと、包皮を剥いた状態で勃起することです。
さらに、勃起してそれを動かすことによって裏筋が千切れることもあります。

なぜこういう状況で千切れるかというと、カントン包茎の人は包皮の間口が普通の人よりも狭いからです。

それなのに剥いて勃起させたら、ペニスのサイズに間に合わなくなり、窮屈になって膨張させてしまいます。

程度によりますが、ペニスに対する包皮の締め付けが激しくなることによって裏筋が千切れてしまいます。

全ては、包皮の間口が著しく狭いことが原因です。
そして、剥いた状態で勃起したペニスを激しく動かすことによって断裂が起きてしまいます。

出血するほどの痛さ

裏筋が千切れた場合の痛みはどれほどでしょうか?
これは実際に体験してみないと分かりませんが、カントン包茎の人で実際に裏筋が千切れた人の体験談では、その痛みは激烈なほどです。

千切れた瞬間には痛みを感じないこともあるようですが、その後、徐々に神経を伝わって痛みを感じてくるようになり、やがて猛烈な痛みが襲ってきます。
実際に裏筋が千切れると出血を起こしますが、その出血の様子からも痛みの程度をうかがい知ることができるでしょう。

個人差はありますが、人によっては耐えられないほどの痛みが起きることもあるようです。
痛みの程度は個人差があるといいましたが、断裂の大きさにもよります。

当然ながら、断裂が大きければそれに伴って痛みも大きくなります。

包茎専門クリニック