セックスの際にはコンドームが必要な時代になりました。

セックス時にはコンドームは絶対に必要

カントン包茎の男性がコンドームを付けるときは、付け方を覚えなければなりません。
→包茎手術の体験談

なぜなら、正しい付け方を実行しなければ、セックスの途中でコンドームが動いたり外れたりするからです。

というわけで今回は、カントン包茎の正しいコンドームの付け方とポイントを紹介します。

正しいコンドームの付け方

カントン包茎の人がコンドームを付けるときは、正しい付け方を覚えてください。
特に、コンドームを付けるときの順序がありますので、その順序を守ってください。

まず最初は陰茎の根本部分まで包皮をたぐり寄せることです。

これは自分の手を使っておこないますが、皮膚を傷つけないように注意しながら、また毛を巻き込まないように注意しながらしっかりと下に集めてください。

次に亀頭を露出させ、その状態でコンドームを装着します。

コンドームはちゃんと包皮の手前まで持ってきて、そこでその状態をキープさせます。

そしてコンドームの根本と包皮をしっかり持って、それを亀頭の方向へと戻していきます。

こうすれば、下に集まっていた包皮が自然にコンドーム内に入っていきます。

さらに、包皮のたるんだ部分が全てコンドームの中に入るよう、全体を亀頭方向へ動かしてください。

これで、正しいコンドームの付け方は完了です。

何度か練習したほうがいい

正しいコンドームの付け方は、言葉にするととても簡単ですが、実際に行うのは難しくて面倒なので、行為を行う前に必ず何度か練習してください。
練習せずぶっつけ本番で行うと、コンドームの装着が甘くて、行為の最中にコンドームが動いたり外れてしまったりする可能性があります。

これは包皮に余裕があり過ぎるカントン包茎だからこそ起きてしまうのですが、事前に練習を行っておけば問題ありません。

カントン包茎の正しいコンドームの付け方のポイントは、事前に何度も練習しておくことです。

練習せずに本番で装着に失敗したり手間取ったりすると、その様子を見ている女性は気持ちが冷めてしまいます。

やっぱり女性を喜ばせる事が一番

女性の気持ちが冷めると、セックスで楽しむことができなくなります。

よって本番でスムーズに事を運ぶためにも、カントン包茎の男性は、必ずコンドームの付け方を練習しておきましょう。

abcクリニック

abc