カントン包茎が原因で離婚に発展することもある・・といえば驚かれるかもしれませんが、これは実際にありうることです。

カントン包茎の男性にとっては死活問題ですが、ではどうしてカントン包茎が原因で離婚に発展するのか、その点を具体的に考えていきましょう。

離婚に発展することもある

カントン包茎が原因で離婚に発展することは、残念ながらあります。
例えば、奥さんが無類の悪臭嫌いであれば、旦那さんのカントン包茎から放たれる悪臭は耐えられないと思うことでしょう。

原因は悪臭?

それを我慢できる女性もいますが、我慢できない場合は離婚も辞さずということになりかねません。
それほどカントン包茎の男性が放つ悪臭は強烈であり、ケアをしていても臭いを出しますが、ケアをしていなければさらに強烈な臭いを放ちます。

臭いのせいで食欲が失われるということはよくありますが、性欲の場合もそれとまったく同じです。

いい雰囲気で性行為が進んでいても、たった一回悪臭を嗅ぐだけで奥さんの気持ちが萎えてしまう可能性があります。

そしてそのことが離婚の原因になったとしても、不思議ではありません。

正直に話すこと

カントン包茎が原因で離婚に発展するケースには、次のようなものもあります。
それは、旦那さんが自分がカントン包茎であることを奥さんに伝えていなかった場合です。
奥さんとしてはそのことを正直に話してくれれば許せたのに、伝えられていなかったことに怒りを覚え、離婚を決意するということがあります。
この問題は、カントン包茎がもつ不具合やデメリットではなく、旦那さんに欠けていた正直さにあります。

カントン包茎でも別に構わないけど、それを隠すことが嫌だと感じる奥さんの場合は、旦那さんがあらかじめ正直に告白しないことで離婚に発展する可能性があります。
どのみち問題になることであれば、旦那さんとしては自分のカントン包茎のことを早めに奥さんに伝えておいたほうがいいでしょう。
そうすれば離婚しないですむ場合もあります。