カントン包茎の人が無理にセックスしようとすると、失敗してしまう可能性があります。
それはどうしてなのか、知りたい方もおられるでしょう。

無理にセックスをして失敗する事

包茎のままセックスを試みて失敗する事もあります。決して少なくはありません。
その理由は、カントン包茎の男性の包皮の異常な狭さ、そして悪臭のためです。
詳しく知りたい方は以下の記事をお読みになってください。

包皮の間口がとても狭い

カントン包茎の男性が無理にセックスしようとすると、失敗してしまうことがあります。
何にどう失敗するかというと、挿入する前に痛みに耐え切れなくなるということです。

カントン包茎の人は包皮の間口がとても狭いので、勃起するだけで痛みを感じてしまうことがあるのです。

その程度は人それぞれですが、特に包皮が狭い人は開口部および亀頭の付け根への締め付けが激しくなり、その痛みに耐えられない人も出てきます。

セックスにおいては、一瞬だけ勃起させるだけでなく、勃起させた状態をしばらく維持させる必要がありますが、カントン包茎の男性はその維持がしづらい状況にあります。

したがって、カントン包茎の男性は勃起させた時点でセックスに失敗してしまう可能性があります。
これを乗り越える対策としては、包皮を広くするしかありません。

悪臭で拒絶される可能性

カントン包茎の男性は、どんなに注意していても多少の悪臭を放つことになります。
それは包皮の内側の、普段は皮で隠れている部分からの悪臭ですが、その臭いの強烈さは表現しにくいほどです。
毎日皮を剥いて洗浄することによってある程度臭いを抑えることができますが、それでも普通の男性に比べて密着感が強く、また通気性も悪いので、すぐに恥垢が溜まって臭いが発生しやすくなります。

そういうカントン包茎の男性が無理にセックスしようとすると、漂ってくる臭いのために女性から拒絶される可能性があります。

実際にそうした体験談もありますが、女性は臭いで気持ちが萎えてしまいセックスする意欲が途絶えてしまいます。