カントン包茎の症状を知っておく

カントン包茎の治療は、その状態によって変わってくると言えます。
そもそもカントン包茎とはどういう状態かというと、皮をむくことができるものの非常にむきずらい、もしくはむくと皮によって亀頭の根本部分が締めつけられて痛みを覚えてしまうといった状態です。
皮をむくことができるという点から見ると仮性包茎によく似ていて、実際にカントン包茎は仮性包茎の1種だと考える医師などもいます。
たとえば仮性包茎の場合、手術をせずに自分で皮をむき、それを繰り返すことで少しずつ包茎を矯正していく治療法があります。
これは皮をむくことができない真性包茎では使えない治療法ですが、カントン包茎なら皮をむいた時の締めつけ感や痛みが少ない場合は有効な治療法になります。
ただし、締めつけ感や痛みが強い場合はそのままにしておくと亀頭が壊死してしまう危険性がありますのでこの方法は使えません。

やはり手術が一番です

カントン包茎の場合はも治療法として代表的になるのはやはり手術による治療です。
カントン包茎専用の手術があるわけではありませんが、真性包茎や仮性包茎と同じように亀頭直下埋没法や環状切開、複合曲線作図法といった手術で治療を行うことになります。
いずれの方法も余った皮を切除することになるのですが、手術法によってそのやり方が違ってきます。

亀頭直下埋没法

亀頭直下埋没法ならペニスの勃起時のサイズを計測し、そこからどのくらいの皮が余分なのかを計算し、環状切開は余分な皮を環状に切開することになります。

複合曲線作図法

そして複合曲線作図法は一部のクリニックで行っている治療法で、亀頭から下の部分の皮を切除し、残りの皮を縫合する方法になります。
傷跡が目立ちにくく、性交時の感度も低下しないとメリットが多いのですが高い技術を要するため担当する医師のレベルが重要です。

皮をむいた時の状態で治療法も変わる

カントン包茎を治療するべきかどうかは皮をむいた時の状態で変わってきます。
極めて仮性包茎に近いカントン包茎なら清潔に保つようにさえ気を付けていれば無理に治療をする必要はありません。
自分の場合はどうなのか、これは医師とも相談するべきでしょう。
カントン包茎の場合はまず医師と話し合い治療が必要かどうかをしっかり判断しましょう。