カントン包茎のままだと、早漏になってセックスが楽しめなくなる・・。

そんな風に人から聞いてショックを受けたという人もいるかもしれません。
それは本当のことでしょうか?
もし本当だったら男性にとっては死活問題です。
そこで今回は、カントン包茎だと早漏になってセックスが楽しめない話が本当かどうかを調べてみました。

早漏なるのは本当?

カントン包茎だと早漏になって、セックスが楽しめなくなるというのは本当です。
厳密にいえば、全ての人に適用できるわけではありませんが、そう感じる人が多いのは確かです。

なぜなら、カントン包茎で早漏になると、セックスを始めてもすぐに終了してしまうからです。

理由はあまりにも明らかです。

包茎で早漏の男性は、すぐに頂点に達してイッてしまうからです。

本当は男性も女性ももう少し長くセックスを楽しみたいのですが、男性がイッてしまうとその時点でしおれてしまうので、それ以上行為を続けることができなくなります。

結果、男性は女性を満足させられなかったという点で楽しさが半減し、女性は肉体的に満足できなかったという点で楽しむことができません。

早漏は刺激になれていない

ちなみに、早漏の男性がなぜ早くイッテしまうかというと、早漏の男性は亀頭が外部の刺激に慣れていないからです。
カントン包茎で普段から包皮の内側に収まっているので、外からの刺激に対して過保護になっているのです。

二次的な影響もある

カントン包茎のため早漏になれば、セックスが楽しめなくなります。
これはそのとおりですが、話はこれだけでは済みません。

セックスが楽しめなかった男性は、女性に申し訳ないことをしたという気持ちと、自分自身へのふがいなさとで気持ちが落胆し、自尊心を失います。
男性にとってはセックスで躓くことほどショックなものはありませんが、ここで挫折することによって、自分に自信を失くしていきます。

さらにそれがパートナーの女性にも伝わって、二人の関係がぎくしゃくしてくることも考えられます。

そういうときにこそお互いの愛と気遣いでカバーできればいいのですが、それができずに別れてしまう男女も少なくありません。

このようにカントン包茎による早漏でセックスが楽しめないという問題は、思いのほか大きな影響を与えることが分かります。