カントン包茎治療はどんな場合でも成功するとは限りません。
選ぶクリニックを間違えると失敗することもあり、それによって後悔することにもあります。

カントン包茎の治療で失敗すること

カントン包茎治療を受ける男性としては、手術の失敗例や後悔するポイント、またそれを防ぐための解決策について考えておかなければなりません。
以下の記事をお読みになればそれが分かります。

カントン包茎治療の失敗例と後悔するポイント

  • 術後の仕上がりが悪い

カントン包茎治療の失敗でよくあるのは、術後の仕上がりです。
例えば、形がスタイリッシュにならず、前より見た目が歪になってしまうケースがあります。
これでも機能的には問題なくセックスもちゃんと行えるのですが、見た目が悪いということで本人にとっては失敗となります。

また、経験の浅い医師に手術を任せてしまった結果、縫合部位の傷跡が目立ってしまうこともあります。

これも包茎治療における大変な失敗例です。

なぜなら、縫合部位の傷跡が目立つことによって、いわゆるツートンカラーが発生してしまうからです。

手術によって顔を出した亀頭部分と包皮の部分の色が際立って違っていれば、それは見た目をグロテスクなものにします。
以上が、カントン包茎治療で見られる失敗例と後悔するポイントです。

失敗しないための解決策について

では、カントン包茎治療で失敗したり後悔しないためにはどうすればいいのでしょうか?

  • 一つの解決策は、クリニックの選び方を間違えないことです。

専門クリニックならどこに行っても失敗がないと思ってる人もいますが、そんなことはなく、選ぶ包茎クリニックによって経験や実績の差があります。
そして経験や実績の差が術後の仕上がりを左右しますので、よくクリニックを選ばなければなりません。

失敗を避けるためのクリニックの選び方は、まず手術実績が豊富なこと、優秀な執刀医がいること、評判がいいこと、設備が整っていることです。

そういうクリニックを見つけてそこで手術を受けましょう。