カントン包茎は何もかも治療しなければならないわけではありません。
症状は人によって異なって、その程度によって治療すべきかどうかが変わります。
症状が軽度であれば治療は必要ありませんが、重度に至ると治療の必要性が出てきます。

症状は軽度から重度まである

カントン包茎は治療が必要なのかどうか、結論からいえば、それは症状の程度によります。
カントン包茎には症状が軽度から重度まであり、軽度であれば問題点に注意しながら生活することができますが、重度になるとそれが難しくなります。

軽度では治療は不可欠ではないものの、重度の人は治療が必要と捉えるべきです。

それでは、カントン包茎における症状の軽度と重度にはどんな違いがあるのでしょうか?

包皮輪の狭さの違い

これは端的にいって、包皮輪の狭さに違いがあります。

カントン包茎で障害になるのは、包皮輪による陰茎の締め付けですが、この締め付けによる痛みは、包皮輪の広さによって異なります。

皮が広ければ広いほど痛みは感じなくなりますが、狭くなればなるほど痛みを感じるようになります。
この包皮輪の広さこそが、カントン包茎の症状の程度を分ける一番のポイントといっていいでしょう。

重度の場合は治療したほうがいい

カントン包茎の症状が重度になると、包皮輪がとても狭く、勃起時の包皮輪による陰茎の締め付けはとても激烈なものになります。

人によってはその痛みが耐えられないほどであり、場合によっては気絶してしまいそうになるほどです。

最悪の場合は..

きつい締め付けにより鬱血が起きるのはもちろんですが、血行障害にもなり、水脹れがひどくなり、そのままにしているといずれ細胞が壊死してしまいます。
これは本人の痛みの問題ですが、カントン包茎ではパートナーの女性も苦しめることになります。

例えば、悪臭や恥垢で女性を不快な気持ちにさせたり、先細りした亀頭のために、性行為で満足させてやれないということもあります。

いずれも重度のカントン包茎の障害ですが、ここまでに至ったらすぐに治療が必要です。→こちらからカウンセリング可能です。