包茎専門クリニック

あまり知られていないカントン包茎

カントン包茎とは亀頭を覆っている皮をむいたことによって亀頭の根本部分が皮によって強く締め付けられている状態を指します。

皮をむいたことで亀頭は露出されていますが、皮が亀頭の根本部分で膨れ上がってしまったり、亀頭がうっ血したりといった症状が表れます。

皮を元の状態に戻すことができればこうした症状は治まるのですが、場合によっては皮が元に戻らずそのままになってしまうケースもあります。

放置すると危険な状態にも

カントン包茎でもっとも問題になるのは亀頭のうっ血です。

血液が正常に流れていない状態ですのでそのまま放置しておくと最悪の場合亀頭が壊死を起こしてしまうこともあり、すぐに処置をする必要があります。

この場合の処置とはいわゆる包茎手術のことで、余った皮を切除することで対応します。

性交渉が出来なくなる恐れ?

また、うっ血しないまでも皮を強引にむいたことで強い痛みを覚えることもあり、性交渉を行えなくなるリスクもあります。

皮をむいて亀頭を露出させた時、強い締め付けを感じない場合はカントン包茎ではなく仮性包茎だと言え、多少の痛みや締め付け感を覚える場合はカントン包茎に近い仮性包茎だとも言えます。

うっ血してしまうかどうかがカントン包茎かどうかの判断基準の1つになると考えられますが、カントン包茎は大きなリスクをはらんでいますのでおかしいなと感じたらクリニックなどで診断してもらうことが望ましいでしょう。

早急な治療・手術を

基本的に真性包茎とカントン包茎、この2つの包茎に関しては治療をするべきだと言えます。
どちらも健康面でのリスクがあるからです。

仮性包茎の場合、清潔に保つようにさえ気を付けていれば特に問題はないのですが、真性包茎とカントン包茎は衛生面でも健康面でも危険があります。

もちろん見た目の問題もありますし、早期の治療が求められます。

カントン包茎が一番多い?

日本ではこのカントン包茎である方は真性包茎の方よりも多いと言われています。

皮をむいた時の状態でカントン包茎かどうかはある程度判断できますが、自分で皮をむいてみて様子を見るというのはやめましょう!

無理に皮をむいたりしないように十分気を付けましょう。

abcクリニック

abcクリニック