カントン包茎の男性が気になることは、それを何とかしたいということより、女性がカントンどんなイメージを持っているか?という点かもしれません。
実際のところ、女性はカントン包茎に対してどんなイメージを持っているのでしょうか?
今回はそれについて調査してみました。

病気を移されるかもしれない

カントン包茎と聞いて女性が真っ先にイメージするのは、病気を移されるかもしれないということでしょう。

実際のところこれはイメージだけでなく、男性の衛生状態が悪いほど現実に起こりうることです。

カントン包茎の男性は陰茎と包皮の間に大量の汚れが付着していますが、ここから菌が繁殖して、それが性行為時に女性に移ってしまう可能性があります。
菌を移された女性は子宮頸癌になってしまうこともあり、これは笑い話ではなく、女性にとってはかなり警戒すべき相手ということになります。

仮に男性が清潔にしていたとしても、やはりカントン包茎と聞けば、女性は病気を移されることを想像してしまいます。

カントン包茎の男性はこのことを認識しておくべきでしょう。

悪臭がひどくてセックスが楽しめない

カントン包茎と聞いて女性が抱くイメージは、病気のことばかりではありません。
包皮の内側に汚れが付着したカントン包茎の男性は、ひどい悪臭も漂わせています。

性行為のパートナーとなる女性は、行為をしている最中にこの悪臭を嗅ぐことになりますが、それによって不快な気持ちになりセックスを楽しめなくなります。

実際にこれを経験したことのない人でも、人から聞いて知っていたり、カントン包茎の知識があれば、女性はみんなこのイメージを持ちます。

印象は最悪に近い?

カントン包茎と聞けば、悪臭がひどい、そしてそのためにセックスが楽しめないというイメージです。
実際には症状に程度の違いがあり、臭い人もいればそれほど臭くない人もいるのですが、カントン包茎という言葉を聞くだけで、反射的に悪臭がある、セックスが楽しめないと連想してしまいます。
きちんと包茎クリニックで治療を行う事ですね。

上野クリニック

上野クリニック