「真性包茎」の記事一覧

真性包茎は包茎の種類の中でも最も重い症状です。
医学的にも「疾病」に分類され早急な手術や治療が必要になります。

真性包茎の症状

勃起しても皮が被っている状態です。
平常時も勃起時も包茎の状態の事を指します。
他の包茎の種類は、勃起時には皮が脱却できるのですが、また真性包茎の方は日常生活で以下の部分に支障をきたします。

性行為への弊害

正常に性行為(セックス)を行う事が出来ません。
包茎の皮が邪魔をして、挿入する事がほぼ不可能です。
コンドームを利用すれば挿入自体は可能ですが、子育ては難しいかもしれません。

不潔・臭い・感染しやすい

基本24時間、皮被っている状態です。
皮の部分に、小水(おしっこ)するたびに雑菌が付着します。
その為に尿道に雑菌が入りやすく不潔な状態が続きます。

また相手側の女性(恋人)が真性包茎を嫌がる人が多いです。
不潔さと臭いが生理的に無理な女性も少なくないようです。

他人に見られると恥ずかしい

そして「包茎は恥ずかしい」という風潮があります。

ですので包茎は友達や恋人・家族にも相談できない現状なのです。
  • 学校や職場での着替えの時
  • お風呂や温泉など不特定多数の方が裸でいなければいけない場合
  • 恋人と性行為に及ぶ際
  • 病院などの治療を必要とする際に医療者に見せなければいけないとき

その時は「いきなり」やってきます。
真性包茎の場合は「恥ずかしい」となってしまいます。

真性包茎の場合は「疾患」に当たります。

早急な治療や手術を当サイトではお勧めしています。

そして手術数の断然多い「包茎クリニック」を推奨しています。

だまっていても真性包茎が解消するわけではありませんし、思った時が行動の時と思います。

ページの先頭へ