真性包茎の手術は泌尿器科で手術を受ければ保険適用となるため安く治療を受けることができます。
それにもかかわらず高い費用を払って包茎クリニックで手術を受ける人が多いのはなぜでしょうか。

包茎手術の出来る場所の特色

手術出来る場所は一長一短だと思いますか?もし包茎手術を検討しているのであれば絶対に知っておきたい内容です。

泌尿器科と包茎クリニックでの真性包茎治療の違い

真性包茎は放置しておくと感染症や陰茎がんなどの病気の原因となるほか、パートナーの女性に対しても不妊や子宮頸がんを発症させるリスクが高まります。

そのため仮性包茎とは異なり真性包茎の場合泌尿器科で手術を受けると健康保険が適用され、安い費用で真性包茎を治療することができます。

一方包茎クリニックで手術を受ける場合には保険は適用されないため、手術は自由診療となって治療にかかる費用は高額になります。

泌尿器科もクリニックも真性包茎を治療することはもちろん可能ですが、費用が高くなるにもかかわらずクリニックでの治療を選択する人の方が多いようです。

現在インターネット上でも非常に多くの包茎治療専門のクリニックが紹介されていて、その口コミ情報なども多数寄せられています。

なぜクリニックで治療をする人が多いのか

真性包茎の治療は一生に一度のものですし、いざ手術を受けるとなるととても勇気が要るものです。
一時的に費用が多く必要となっても、後悔しないようにきれいな仕上がりとなってほしいと誰でも思うものです。

泌尿器科はあくまでも機能面、すなわち真性包茎の状態を改善して亀頭が露出するようになればいいということを重視して手術をしますから、手術後の見た目に関しては保証しないものです。

その点、クリニックでの手術は一見手術を受けたことが分からないような自然な感じの美しい仕上がりになるように細心の注意を払って手術が行われます。

泌尿器科とは違って包茎の治療を専門に行っているクリニックでは手術前にカウンセリングを十分に行って患者さん一人一人のニーズに合わせた手術法を行います。
プライバシーにも十分配慮してスタッフはすべて男性が対応し、手術は真性包茎の治療に関して高度な技術と実績を誇る医師が行ってくれます。

しかも手術後のアフターフォローも充実していますから、安心して手術を受けることができるのです。
とにかく費用をできるだけ安く抑えたいという人なら泌尿器科で手術を受けるといいのですが、真性包茎の治療を受けるほとんどの人は仕上がり具合も気になるものですから、やはりクリニックでの治療がおすすめということになります。