真性包茎が抱えるコンプレックスの1つが、見た目の恥ずかしさです。
温泉や社員旅行などでは同僚や上司、部下の目に触れることになるため、嫌な思いをするものです。

真性包茎の視覚的な恥ずかしさ

真性包茎が抱える悩みで最も大きいものは、見た目の恥ずかしさではないでしょうか。

温泉などの公衆浴場や社員旅行などでは、タオルで隠そうとしますがやはりどうしても見えてしまうものですし、見られるととても恥ずかしい思いをするものです。
他人のペニスと比べて見劣りするのが、非常に大きなコンプレックスとなります。

真性包茎は性感染症のリスクが高いことや不妊症、パートナーの女性に対して子宮頸がんを発症させるなど様々な弊害がありますが、視覚的な恥ずかしさも大きな悩みの種となります。

つまり機能的な悩みよりもむしろ精神的に大きな苦痛を感じることになり、男性としての自信を失うことにつながります。

真性包茎のペニスは亀頭が包皮にすっぽりと覆われていてまるで小さい子供のような状態ですから、他人に見せたくないという気持ちは強いでしょう。

真性包茎が恥ずかしい思いをしないためには

ただ真性包茎だという理由だけで温泉や社員旅行を断り続けるのは、悲しいものです。

真性包茎でもペニスを常に清潔に心がけて臭いや細菌を溜め込まないようにしていれば、決して恥じることなく堂々としていればいいのですが、本人としてはそう考えるのはなかなか難しいですよね。

そのため視覚的に恥ずかしい思いをしないためには、やはり矯正するしか方法はありません。

自分で少しずつ包皮口を広げて亀頭を露出させるようにしたり、真性包茎矯正グッズを利用することである程度真性包茎を解消させることは不可能ではありません。

しかしこのような方法は時間がかかりますし、真性包茎から仮性包茎の状態にまでしか矯正することはできません。

そのため、クリニックで手術を受けて解消することが望ましいのです。

手術を受けるに当たっては、傷跡が多く残るなど手術を受けたことが一目でわかる結果となってしまうトラブルもありますから、信頼できるクリニックを慎重に選ぶようにしましょう。