真性包茎は亀頭に恥垢が溜まりやすく不衛生になりがちです。
それでもできるだけ清潔に保つ方法としては、どのようなものがあるでしょうか。

包茎手術体験談

真性包茎が不衛生になってしまう理由

亀頭部分には恥垢が溜まりやすいのですが、真性包茎でない人は毎日お風呂できれいに洗い流すことができますから、常に清潔に保つことができます。
ところが真性包茎の場合は常時亀頭が皮で覆われていますから、入浴時でも亀頭を完全に露出させて洗うことができず、皮がめくれない部分に恥垢が溜まることになってしまいます。

恥垢が溜まると雑菌が繁殖する温床となってしまい、いやな臭いの原因となってしまいますから、セックスでもパートナーに嫌な思いをさせることになります。

臭いがするだけならまだいいのですが、亀頭包皮炎や陰茎がん、性感染症などの原因ともなりますから、やはり真性包茎といえどもできるだけ亀頭を清潔に保ちたいものです。

そのためにもまずは無理のない範囲でできるだけ亀頭部分を露出させる癖をつけたいものです。

真性包茎でもできるだけ清潔に保つ方法

真性包茎の場合自分で完全に亀頭を露出することは難しいですが、できるだけ恥垢は取り除きたいものです。
そのための方法としては、包茎矯正グッズの利用があります。
これは真性包茎の狭いを少しずつ開いて、亀頭を徐々に露出していくという器具です。

これを用いた亀頭の洗浄方法ですが、入浴時にまずは手で痛みがない程度にまで皮をゆっくりとめくって、そして矯正グッズでさらにもう少し無理のない程度に包皮口を開きます。
そしてそこへシャワーを流し込み、手の届かない皮の奥の部分に溜まっている恥垢を洗い流すというものです。

清潔に保つことが大事です!

これを毎日繰り返すことで真性包茎でもある程度清潔に保つことができますし、露出できる亀頭部分の範囲を広げることができるという効果もあります。

もちろん真性包茎の根本的な解消とまでは期待できないかもしれませんが、できる限り清潔に保つことは可能とされています。
矯正グッズを用いなくても、入浴時を利用して剥き癖をつけるようにして石鹸で優しく洗う習慣が大切です。

当サイトお勧めの包茎クリニック

上野包茎専門クリニック
基本的に真性包茎は成人になってしまうと待っていても解消する事はほとんどありません。
包茎に関して基本的な知識をまず身につけましょう。