真性包茎は早漏になりやすいため、セックスを十分に楽しむことができません。
そのため真性包茎でも早漏を克服する方法として、亀頭を外気に晒す方法があります。

真性包茎が早漏になる理由

真性包茎の場合、普段でも亀頭部分が皮で覆われているため、亀頭が外部と接触することがないことから、あらゆる刺激に対してとても敏感となります。

例えば下着に擦れる場合はもちろん、外気に触れるだけでもヒリヒリとした強い刺激を受けます。

もちろんセックスの際にも真性包茎でない人に比べると亀頭部分に感じる性的な刺激が非常に強くなります。
セックスに及んでも男性なら誰でも女性と肌が触れるだけでもただでさえ興奮するものですが、真性包茎の場合性器に挿入しようとするとあまりの刺激に耐えられず、すぐに射精してしまうことになるのです。

つまり普段皮に覆われている亀頭部分を少しでも露出させて刺激に対して強くさせることが、早漏の解消につながるのです。
もっとも真性包茎は皮をめくって亀頭を完全に露出させることが難しいため、自分で矯正するのはなかなか難しいものがあり、できればクリニックなどで手術を受けるのが望ましいとされています。

しかし真性包茎でも工夫次第である程度早漏を克服することは可能です。

外気に晒すことで早漏を矯正する

真性包茎が早漏であるのは、普段亀頭が完全に皮に覆われているために亀頭部分が刺激に弱いことによるものです。
そのため早漏を克服させるには亀頭を露出させて外部からの刺激に強くさせる必要があります。

とはいえ真性包茎の場合、仮性包茎カントン包茎とは違って亀頭を露出するのは困難を伴います。
特に重度の真性包茎だとほとんど亀頭が露出できないかもしれません。

出来る範囲でよいので外気にさらす

それでもできる範囲で構いませんから、まずは1日に数分程度皮をめくって亀頭を外気に晒すことから始めましょう。

最初は亀頭が外気に触れるだけでもヒリヒリとした刺激がありますが、次第に慣れてくれば皮を剥く範囲や亀頭を露出させる時間を徐々に増やしていきます。

真性包茎にとって亀頭を外気に晒すことは衛生的にも良く、雑菌の繁殖を抑えて悪臭や感染症などを防ぐ効果もあります。

亀頭を外気に晒すという方法は無理をすると痛みや出血を伴うことになって逆効果ですから、あくまでも無理のない範囲で気長に継続して行うことが大切です。