真性包茎の場合、陰茎がんのリスクも高いといわれています。
陰茎がんとはどのような病気なのでしょうか。

陰茎がんとは

陰茎がんはペニスに発症するがんで男性が発症するあらゆるがんのなかでも1%未満であり、きわめて発症頻度が低いがんです。
皮膚がんのひとつであり、患者の多くは60代から70代の高齢者です。

症状としてはペニスに湿疹のようなものができるのが特徴で、初めはペニスの皮膚に発症しますがその後亀頭部分や包皮に多く見られるようになります。
痛みをほとんど伴わず、がんが進行すると尿道や海綿体などにも腫瘍が広がり排尿が困難になることもあります。

さらに進行すると潰瘍を形成したり、潰瘍がつぶれて出血することもあり、やがてリンパ液の流れが悪くなって足がむくむこともあります。
真性包茎の場合亀頭が包皮に覆われているため気が付くのが遅れることもありますので注意が必要です。

陰茎がんと真性包茎の関係

陰茎がんの多くが真性包茎であることや、イスラム教徒など幼少時に割礼を受ける人々の間では陰茎がんの発症率が極めて低いことなどから、真性包茎が原因ではないかといわれてきました。
真性包茎では亀頭に恥垢がたまりやすく、そのためどうしても不衛生になりがちです。

つまり真性包茎であることで亀頭が不衛生になりやすく、性感染症に感染するリスクが高いことが陰茎がんの発症にも関連していると考えられています。

なかでもヒトパピローマウイルスの感染が陰茎がんと関係しているという報告もあります。
もちろん真性包茎の人がすべて陰茎がんを発症するというわけではありませんし、陰茎がんに罹りやすいという理由で包茎手術を受けなければならないということもありません。

しかし亀頭を清潔に保つことで真性包茎でも陰茎がんを発症するリスクはかなり下がります。

できれば手術を受けることで真性包茎を解消して亀頭を常に清潔にして、陰茎がんにもかかりにくいようにするのも一つの方法ではないでしょうか。