真性包茎を治療するためには、様々な手術法があります。
代表的な手術法としては、どのようなものがあるでしょうか。

クランプ法

クランプと呼ばれる器具をペニスに装着してそのまま包皮を切除するという至ってシンプルで簡単な手術法です。

手術時間が短くて出血も少なく、経験の浅い医師でも失敗なく行うことができるというメリットがあり、また手術費用も安くて済みます。

ツートンカラーが目立つ?

ただしこの方法は個人のペニスのサイズに合わせたクランプが用意されているわけではありませんから、縫合部分が目立ちツートンカラーなど手術を受けたことが一目でわかるというデメリットがあります。

現在ではクリニックによってはクランプ法に改良を加えて、安い費用でもより手術跡を目立たないようにする手法が行われています。

仕上がり具合は良くありませんが、とにかく安い費用で真性包茎を解消したいという人にはおすすめです。

クランプ法は現在では主流とはいえなくなった手術法ですが、熟練した医師ではクランプ法でも手術跡を目立たなく仕上げることが可能であり、やはり高い実績や技術を持つ医師を選ぶことが大切です。

亀頭直下法

亀頭直下法はペニスを勃起させた状態で余った包皮を切除し、亀頭のすぐ下の部分で縫合するという手術法です。

医師がペニスの形状に合わせて切除し縫合するため亀頭部に手術跡が隠れて目立ちにくいというメリットがあります。

現在の手術法の主流になりつつある

現在の真性包茎の手術法の主流となっていて、ほとんどのクリニックで採用されています。

クリニックによっては亀頭直下法をさらに進化させた独自の様々な手術法が行われていて、より自然な仕上がり具合を目指した手法があります。

高度な技術が必要とされる手術法で手術時間も長くなるため、包茎手術の費用はどうしても高額になってしまいます。

つまり技術力が低くても執刀でき費用も格安なクランプ法とは反対の手術法といえます。

また経験の浅い医師が行うとかえって傷跡が多く残ったり亀頭部が締め付けられるなどのトラブルがあるため、実績と信用のある包茎クリニックを選ぶことが大切です。