包皮再生とは、その名の通りに包皮を再生させてしまう手術のことです。
日本では仮性包茎の人の割合が多く、そのことを嫌って包皮を切除する人が多いですよね。

包皮の再生って?

ですので、包皮の再生手術をすると言ってもピンとこない人も多いかもしれません。
しかし、実は包皮には包皮の役割というものがあり、切除したことを後悔するという人もいるのです。
包皮の再生
代表的な例としてはアメリカでの話になります。
基本的にアメリカでは国として割礼、包茎手術を推奨していたこともあり、現在でも多くの人が割礼を受けています。

外国では日本とは違う考え方も

日本ではそうした状況は考えられないかもしれませんが、国が違えば分化なども違うということですね。
そんなアメリカの人ですが、包皮を再生させたいと考える成人男性も多くおり、結果として包皮再生を行う人が増えているそうです。
また、包皮を再生させるグッズなども販売されていることから、日本とはちょうど真逆の関係になっていると考えて良いでしょう。

包皮の主な身体的な役割

包皮の再生は日本ではほとんど見かけないものですが、上でも書いたように包皮にはきちんとした役割があります。
その役割を考えずに手術をしてしまうことは非常に大きなリスクがあると言っても良いかもしれませんね。
包茎手術をすることのメリットは確かにありますが、あまりに重度の包茎でない場合はそこまで気にする必要もないでしょう。

ここからは個人個人の考え方にもなってくるのですが、そもそも包皮には陰茎を保護するといった役割などもあり、ルネッサンス期の彫刻などを見てもわかるように男性器というのは、仮性包茎であることが本来の形なのかもしれません。

そこで包皮の再生を行うといった人も多いのです。

前述のようにアメリカでは自分の意志ではなく、強制的に包皮切除が行われていることから、やはり包皮を再生したいと考える人も多いと考えられます。
見た目にしてもそうなのですが、アンケート結果を見るに女性からの受けもそう悪くはありませんしし、むしろ仮性包茎の方が痛くなくて良いと考える女性も多いのを覚えておくようにして下さい。

包茎手術体験談