閉塞性乾燥性亀頭炎とは

男性器の病気の1つに閉塞性乾燥性亀頭炎というものがあります。
この閉塞性乾燥性亀頭炎がどういう病気なのかというと、亀頭に炎症が起こる状態が慢性化してしまうものですね。

→当サイトのおすすめの包茎クリニック

そもそも亀頭の炎症とは何かと言うと、包茎の方に多いのですが亀頭と包皮の間に雑菌が繁殖してしまうことで炎症を起こしてしまうことです。
その代表的な例が亀頭包皮炎と呼ばれるもので、症状としては膿が出てしまったり、痛みや腫れが出ます。

この亀頭包皮炎そのものに関しては珍しい病気ではないので、泌尿器科を受診すると軟膏などを処方してくれるでしょう。
亀頭包皮炎が起こる直接的な原因としては、男性器を衛生的にしていないことにあります。
入浴時にしっかり洗っていないと恥垢がたまってしまい、湿度が高い場所でもあるので細菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

結果、炎症を起こしてしまうことになるので、くれぐれも清潔に保つことを忘れてはいけません。

こうした亀頭の炎症が慢性化してしまうと、亀頭を保護する役割である包皮がだんだんと硬質化してしまいます。
もともと包皮は勃起するペニスにあわせるために伸縮性があるのですが、硬質化した上でさらに乾燥して白くなるのです。
それが閉塞性乾燥性亀頭炎の正体です。
包皮の乾燥が進めば進むほどに、包皮そのものは水分を失って縮んでいき、包皮の入口である包皮輪がせまくなっていきます。

つまり、閉塞性乾燥性亀頭炎の発症前は仮性包茎であったのに、真性包茎のような状態になってしまうのです。
この閉塞性乾燥性亀頭炎になってしまうと、手術をしなくてはいけないとも言われており、是非とも炎症の段階でしっかりと治療しておきましょう。

閉塞性乾燥性亀頭炎の治療をもう少し詳しく書いていくと、基本的には包皮の切開なども含めて手術をしなくてはいけません。
症状が進んで行くと尿道口が狭くなるリスクも高まり、尿道を形成するといった手術も同時に行うことになるので、かなり恐ろしい病気だと言えます。

包茎手術体験談