知ってた?陰茎がん

日本ではガンにかかってしまう人も多いですが、そのガンの中でも男性器で発症するのが陰茎ガンですね。
あまり日本では発症する人はおらず馴染みはありませんが、一説によると包茎が原因となるとされていることから、注意しておきたい病気の1つです。

陰茎がんの原因

陰茎ガンの原因ですが、そもそもガン自体の原因も良くわかっていないので、詳細は不明だと考えて良いでしょう。

アメリカでは子宮頸がんの原因であるヒトパピローマウイルスに罹患することが陰茎ガンの原因ではないかとする発表もあったようですが、はっきりとは解明されていません。

ただし、割礼を行っている人が陰茎ガンにかかるリスクが低いので、包茎が原因となっているのではと考える人もいるようですが、もともと陰茎ガンにかかる人が少ないためにそこまで有意義なデータでもないようですね。
また、包茎の人が起こしやすい亀頭炎が陰茎ガンの原因とする人もいますので、陰茎を清潔に保つことは第一だと言えます。

陰茎がんの症状

症状としては、排尿時に痛みを感じることがあるようです。
陰茎だけではなく尿道に痛みを感じることも多くあるので、何かしらの違和感があるのなら泌尿器科を受診してみると良いでしょう。
単純に亀頭から膿が出ているなどであれば、淋病などの可能性が高くなります。

陰茎ガンになってしまうと、大抵の場合は亀頭や包皮のみといった部分部分で進行していくことが多いようですね。
他の場所にあったガンが陰茎に転移してくるといったことは少ないのですが、逆に陰茎ガンから他の部位に転移することが多いので、できるだけ初期の内に発見するのがベストですね。

そもそも自覚症状にとぼしいことから早期発見が難しいガンだとも言われており、5年後の生存率に関してはおよそ半分程度なので、難治のガンだと考えて良いでしょう。

陰茎がんの治療法

陰茎ガンの治療方法としては薬物療法か放射線照射によるものが一般的ですが、手術をするといったケースも多いですね。
ただし陰茎そのものを切除しないといけないこともあるので、できるだけ早期発見早期治療を目指しましょう。