ケーラー紅色肥厚症とは?

男性器の悩みで多いのが、これって病気なのというケースです。
性感染症にかかってしまったというようなケースは別としても、やはり男性にとっては場所が場所だけに何かあったとしてもすぐに病院に行こうとはなりにくいですよね。

しかし、一歩間違えてしまうと治療が遅れれば大変なことになる病気も多いので、恥ずかしいよりは治療に向かうことをお勧めします。
→包茎クリニックから調べてみる

ここではケーラー紅色肥厚症という男性器の病気を紹介してみましょう。

ピックアップ包茎手術体験談

包茎手術体験談


包茎である人に多い病気としては、ケーラー紅色肥厚症があります。

ケーラー紅色肥厚症とは亀頭や亀頭のカリの部分などに起こりやすく、赤くテカっているような状態になるそうです。

亀頭に色素沈着が起こってしまうことがケーラー紅色肥厚症の原因なのですが、悪化してしまうと発症しているところの皮膚が剥がれ落ちてしまうことがあります。

ケーラー紅色肥厚症の治療法

ケーラー紅色肥厚症の治療方法としては、軟膏を塗布することですね。
症状が重症化しているような時はメスで悪化しているところを切ってしまったり、レーザー治療などを行うことになります。

このケーラー紅色肥厚症を放置していると、陰茎ガンを起こすリスクがあるとも言われているので、早めに治療した方が良いでしょう。

ちなみにケーラー紅色肥厚症は健康保険の適用を受けることができますので、泌尿器科のような専門医に診断してもらうことをお勧めしておきます。

ケーラー紅色肥厚症の原因

ケーラー紅色肥厚症が起こってしまう原因は、包皮の内側に蓄積された恥垢だとする意見が主流ですね。
恥垢が蓄積してしまうことで包皮内の衛生状態は悪くなってしまいますし、蒸れやすい部分でもあることから、細菌が繁殖する温床が作られてしまいます。

結果、ケーラー紅色肥厚症が起きてしまうとも言われており、他には子宮頸がんの原因であるヒトパピローマウイルスにかかってしまうことが原因ともされているので覚えておきましょう。
ケーラー紅色肥厚症を予防するには、ともかく陰茎を清潔にすることが重要です。
毎日入浴を行い、入浴時には陰茎の包皮をむいてきれいに洗うようにすることで清潔を保つことができるでしょう。

相談してみるのも一つの手です

毎日のセルフケアを行いながら症状軽減・対策を行いますが、ケーラー紅色肥厚症に関して困ったというのであれば包茎クリニックで相談するのも手ですね。
包茎や男性器に関するプロフェッショナルですのでネットから質問してみるのも良いかもしれませんね。

上野包茎専門クリニック

上野クリニック