「仮性包茎」の記事一覧

仮性包茎の人は包茎治療しなくてもいいんじゃない?
多くの男性は実は仮性包茎だ。というデータも存在します。

そう思っている方も実は少なくありません。
しかしそれは間違いです。

実は仮性包茎にはトラブルが生じるんです。

仮性包茎ぼつは起時には性行為は出来るため、問題視していない方が意外と多いですが仮性包茎でも一度、ドクターに診察してみて指示を仰ぐことをお勧め致します。

早漏が多い

通常時は亀頭は皮被っています。
性行為時・勃起の時だけ亀頭が出てくるので、外気に触れる機会がありません。
日常生活の中でパンツに擦れる事がありませんので、いざ性行為を行ったときにも摩擦がすごく刺激になってしまって、「即放出」という状況を生み出します

性感染症・炎症が起きやすい

基本的に通常時は皮が被っています。
ですのでおしっこ(お小水)の時には皮に最近が付着して尿道より感染する確率は上がってしまいます。
お小水や性行為や自慰行為なども一緒です。
その辺は真性包茎と原理は一緒で、細菌が付着しやすいので要注意です。

短小・陰茎が成長しない

もう一つは日常生活の中で、平常時は亀頭に皮被っているので皮が邪魔になり成長が止まってしまう事です。
包茎ではない方は、常に亀頭がむき出しになっているので邪魔はありません。
しかし仮性包茎であっても皮が邪魔になり、成長しにくくなります。
そのため成人になって成長期が終わる時に、「短い」「短小」「カリ細」になってしまいます。

ページの先頭へ