もしかしたら子供が仮性包茎かもしれない・・そう思ったとき、親としてはどんな対処法を実践することができるでしょうか?
今回はこの問題にフォーカスして、子供が仮性包茎になったかもしれないときの親ができる対処法について解説します。

不安にならないことが大事

子供が仮性包茎だと思ったとき、親にできることは、絶対に不安にならないことです。
動揺して慌てたり、パニックを起こすのは言語道断であり、努めて冷静でいるようにしなければなりません。

生理的包茎

なぜなら、子供の仮性包茎は生理的包茎と呼ばれ、それは正常に誰でも起きる現象だからです。
異常でもなければ病気でもなく、未発達の小さな子供であれば誰でもこの過程を通過します。

そして年齢を重ねていくことでペニスが成長し、その間に勃起を何度も繰り返しながら包皮が伸びていき、やがて亀頭と包皮の癒着がとれて包茎が治るのです。

これが正常な成長過程なので、子供の頃に包茎になるというのは普通のことなのです。

ですから、親は子供の仮性包茎を見ても絶対に不安にならないようにしなければなりません。
親が不安になるとそれが子供にも伝染して、子供まで不安になってしまいます。

それでは収拾がつかなくなるので、親は子供の包茎を見ても堂々としていてください。
何か異常があるとすれば、それは思春期に入ってからです。
14歳や15歳は思春期のピークになりますが、その時になってもまだ包茎が治らない場合は、クリニックで診てもらいましょう。

病院での診察を受ける

思春期に入ってもまだ包茎が治らない場合は、親としてはやや心配になりますが、これでもまだ思春期が過ぎるまでは経過を見守ることができます。
なぜなら、包茎の解消には個人差があり、子供によっては思春期が過ぎてから治る子供もいるからです。

しかし親としては不安でしょうがないので、思春期に入ってもまだ子供の包茎が治らず、なおかつ親子共に不安になるのであれば、そのときは病院に行って診察を受けてください。

病院で診察を受ければ状態を正確に把握することができますし、対処法が分かれば気持ちの動揺を抑えることもできます。

そして何より、何か異常があった場合、クリニックなら適切に対処することができます。
思春期に入ったばかりの診察ならもう少し様子を見ようという判断になりますが、思春期を過ぎてからも包茎が治らない、もしくは包茎が原因で亀頭包皮炎を繰り返すようであれば、手術を検討することになります。