仮性包茎の人は不潔になりがちです

仮性包茎の方は局所が不衛生になりがちなので、普通の男性よりも清潔さを保つための包茎セルフケアをしなければなりません。
では具体的にどんなお手入れ方法があるのか、それについて考えていきましょう。

包茎専門クリニック

毎日風呂場で石鹸を使って洗う

仮性包茎の男性が可能な限り清潔を保つためのお手入れ方法は、毎日風呂場で石鹸を使って局所を洗うことです。

これはシンプルなお手入れ方法ですが、仮性包茎の男性ほど、自分の仮性包茎と向き合うのが嫌でお手入れを怠っている人が少なくありません。

石鹸を使って毎日局所を洗えば仮性包茎でも清潔さを維持することができるので、ぜひ毎日これを行ってください。

方法は人それぞれですが、風呂場で皮を剥いて水と石鹸を使って洗浄したり、軽く擦りながら垢を落としたり、シャワーを当てて汚れを落とすこともできます。

亀頭への刺激に対する反応は人それぞれなので、感覚に応じて自分に合った方法で洗ってください。

ただしどんな洗い方をするとしても、次のポイントは抑えておきましょう。

それは、仮性包茎は亀頭と包皮の間に恥垢が溜まりやすいことを意識することです。
なんとなくの感覚だけで全体的に洗ってもきちんと汚れを落とすことはできません。

どこに垢が溜まりやすいかということを理解して初めて綺麗にできるので、このことを意識しながら洗浄を行ってください。
なお包皮口が狭いと洗いづらいと感じるかもしれませんが、ここも無理のない範囲で可能な限り洗うようにしてください。

尿をきれいにふき取る

仮性包茎でも清潔を保つためのお手入れ方法としては、トイレで用を足したとき、排出した尿を綺麗にふき取るということも必要です。
なぜなら、尿をふきとらずにそのままにしておくと、それが亀頭と包皮の間にたまって恥垢を作ってしまうからです。

この恥垢は粘着物の一種ですが、そのまま放置すると亀頭と包皮をますます癒着させてしまいます。
さらにその状態で勃起すると、亀頭と包皮の癒着が剥がれることで強烈な痛みが起こります。

問題の源泉は排尿した尿の一部に過ぎないのですが、ここまで大きな問題に発展するので、トイレで用を足したら必ず尿をふき取るようにしてください。
方法は、排尿後、亀頭の先端に付着した尿を清拭綿などで丁寧にふき取ります。
排尿はそのままにしておくと蒸発しそれが粘着物の恥垢になるので、排尿したらすぐにふき取ること、これが大事です。
ただし亀頭先端に傷をつけてしまうのはよくないので、ふき取りは優しく丁寧に行ってください。