種々の矯正器具など、仮性包茎は器具を使って治療できるとも言われていますが、それは本当でしょうか?

もし矯正器具で包茎を治すなら

仮性包茎を抱える男性の中には、なんとか病院に行かず器具を使って治したいと考えてる方もおられると思いますが、ここではそういう方に役立つ情報を紹介しています。

矯正リングを使用した場合

器具を使った仮性包茎治療といえば、まず矯正リングを挙げることができます。
これは包茎矯正器具の中でも一般的であり、雑誌の広告などでも頻繁に見かけますが、これを使った場合、仮性包茎は治せるのでしょうか?

結論からいえば、条件が良ければ仮性包茎を少しだけ治すことができます。
その条件とは、皮を剥くことに支障がないこと、皮が分厚すぎないこと、皮が長すぎないことです。

この反対の要素を抱える人は、矯正リングから十分な効果が得られないようです。
例えば、皮を剥くのが痛かったり恐いと感じる人は、リンクの装着そのものができないので、この方法から効果を得ることができません。

また皮が厚すぎたり長すぎたりする場合も、十分な矯正力を与えることができないので、こちらも効果を得ることができません。
しかし、皮を剥くのが容易で、皮の厚さが標準以下、長さも普通以下であれば、矯正リングから効果が少しだけ得られるようです。

矯正リングで効果が得られる場合は、装着してから2週間程度で包皮の剥くグセを実感することができ、さらに数ヶ月の使用で装着不要の状態にすることができます。

報告によれば、完全に装着不要になるまでに6ヶ月程度かかるとのことです。

その間、装着も難しいですしトラブルも考えられるので包茎クリニックを推奨するのです。

いかなる矯正器具でも個人差がある

矯正リングの事例から分かるように、包茎治療器具の効果には個人差があります。
人によってはぴったりハマッて数ヶ月で効果が現れる場合もありますが、別の人が行えばまったく効果が得られなかったり、実践することさえ難しかったりする場合があります。

矯正器具の使用を考えている人は、まずこうした個人差があることを覚えておきましょう。

矯正リング以外の器具を使用する場合でもこれは同じであり、矯正器具の目的はどれも剥きグセをつけることなので、使用する本人の包皮の状態によってどうしても効果が左右されます。

しかし、これが使用できればわざわざ病院に行く必要がなくなり、その分治療のための恥ずかしさを減らすことができまずが、有用な治療法の一つとして選択肢に加えるのは厳しいですね。
自分にも使用できる、また効果のある矯正器具が見つかれば、まさに自宅で仮性包茎治療ができますが難易度は高いので、包茎手術をお勧めします。
→包茎手術の体験談はこちら