仮性包茎の男性はセックスにおいて早漏になりがちで、女性を満足させられないケースも目立ちます。

仮性包茎の方が知っておくべきセックスまとめ

一般的に仮性包茎の人は早漏です。多くの方が悩んでいると思います。
だからこそ仮性包茎の男性は、普通の男性以上に上手にセックスするコツを覚えなければなりませんが、ここではそのコツについてお伝えします。

ピストンだけでなく愛撫を併用する

仮性包茎の男性は早漏になりやすいこと、また亀頭が十分に発達していないことなどから、女性に対して十分な性的刺激を与えられないままセックスを終えてしまう人がたくさんいます。

これに対する根本的な解決方法は包茎手術を行うことですが、それがただちにできない場合は、セックス中にピストンだけでなく愛撫を併用するようにしましょう。

つまり、挿入してピストンしながら手を使って体の性感帯を愛撫するのです。
これを行えば、仮にピストンでの快感が小さくても、愛撫の快感で女性の性的満足度を上げることができます。

女性の中にはむしろ愛撫されるのが大好きという人もかなりいて、これはあながちまやかしのテクニックではありません。
一度に二つのことを行うのは難しいと感じるかもしれませんが、行為中、自分で意識しなくても手は勝手に動くものです。

その自然な動きに合わせながら女性の性感帯を愛撫してやればいいのです。

細かいテクニックを駆使していくのは難しいかもしれませんが、自然な動きに合わせてやれば意外に簡単にできるものです。

ともかく、仮性包茎の男性は手で愛撫することで劣勢を挽回することを試みましょう。

ゆっくり挿入ゆっくりピストン

次は男性のセックス中の早漏対策について考えていきます。
仮性包茎の男性は普通の男性よりも早漏になりやすいといわれ、これは女性に対して満足度の高いセックスをするうえでは障害になります。

したがってなんとかしなければなりませんが、その一つの対策は、挿入をゆっくり行うことと、ピストンをゆっくり行うことです。

この二つを行えば、セックス中の早漏対策を行うことができます。


なぜなら、早く挿入して早いテンポで擦ってしまうと、その早い刺激に耐えられず早漏になってしまうからです。
挿入でもピストンでもスローテンポで刺激を与えてやれば、早くイカなくてすみます。
仮性包茎の男性はぜひこのテクニックを実践してほしいと思いますが、さらにこれが有効なのは、女性にとってもメリットがあるということです。

というのは、早く挿入して早くピストンすれば女性は性交痛を招いてしまいますが、ゆっくり行えばそれを軽減できるのです。
女性も痛いのは嫌であり、それによって性的満足が得られなくなってしまうので、ゆっくり挿入してゆっくりピストンすることは、女性にとってもいいことなのです。

→包茎を治したい方はこちらから