近年、包茎手術療法という言葉を聞いたことはありませんか?

実に多くの悪徳商法と呼ばれるものがあります

包茎手術に関しても、様々な手法で他人のコンプレックスを利用して、金銭などを奪い取ろうとする悪質なものたちがいるのも事実です。

それらが、どのようにして患者さんたちをだましていくのか、その手法をあげてみたいと思います。

カウンセリングという名の押し売り

まずそのような包茎医院でも、他のクリニックと同様のカウンセリングと呼ばれる作業が存在します。
しかしその実態は、カウンセリングという名目の元に患者さんに押し売りを行っているだけになります。

本来必要の無い包茎手術を勧めてきたり、曖昧な返事をしていると半ば強制的に契約を迫られる場合もあるようです。
中には、カウンセリングと言って下半身裸にされた上、その姿のままで契約させられたという悪質な事例も見受けられます。

また包茎手術が始まったからと言って、安心はできません。
包茎手術中に同意を得ることもろくにしないままで、頼んでもいない施術を行い、その料金を上乗せして請求して来るというひどいケースもあります。

一般的な包茎手術の適正価格

真性包茎やカントン包茎の方が、泌尿器科などで手術を受ける場合、この包茎は生活を送る上で問題のあるもの、つまり病気であると判断されるため、公的保険の適用を受けることができます。

自費として負担しなければならないのは、1万円から3万円程度で済むでしょう。

仮性包茎は病気と見なされないためもちろんですが、真性包茎やカントン包茎でも形成外科、いわゆるメンズクリニックなどを利用して手術を受ける場合
仮性包茎で8万円から16万円程度、真性包茎やカントン包茎だと20万円前後の負担が必要になります。

泌尿器科で包茎手術を行ってはいけない理由

これだけを聞くと、真性包茎やカントン包茎の方は泌尿器科で保険適用を受けて手術すれば安上がりにすんで、いかにも良さそうに見えますが、そうとばかりはいえません。
なぜなら、泌尿器科で行われる手術は病気としての包茎を治療し、生活するのに最低限支障の無い状態にすることを目的としているからです。

つまり少なくとも包皮が剥けるようにだけはなりますが、見た目については一切と言っていいほど考慮の対象になりません。

余った皮が垂れ下がってしまったり、だぶついた包皮が見苦しくなったりしたら、コンプレックスの解消を願って手術を受けた方には、ますますの負担増となってしまうでしょう。

→包茎手術の体験談についてはこちらに詳しく掲載しています

包茎手術はしっかりと専門包茎クリニックで治療しましょう

しかし悪徳商法を行う悪いクリニックも残念ながら存在します。

これらの被害に遭うことを防ぐためには、自分が相談しようと考えているクリニックの評判をしっかりと調べましょう。
口コミなどの情報を有効に活用することで、信頼できるクリニックを慎重に選ぶことが必要になります。

さらに、カウンセリングの際に不審な点があれば、直ちに適当な理由をつけてでも立ち去る勇気を持つことも大切なことではないでしょうか。