包茎は性病にかかりやすい

包茎の男性は、いつも自分が性病にかかりやすいことを意識しておかなければなりません。
その理由は、包茎だと、普通の男性よりも性病にかかりやすいからです。
なぜそういえるのか、そこを理解することが大切です。
簡単に説明すると、包茎だと性器が不衛生になり、そこに雑菌が密集しやすい環境を作ってしまうからです。

性病は雑菌やウイルスの侵入によって引き起こされますが、そのようにして性器が不衛生な状態にあると、そこに付け込む雑菌やウイルスの侵入を許してしまうことになるのです。

そしてその細菌の侵入によって性病が発病してしまいます。
包茎の男性は、こうした包茎と性病の関係性について知っておいてください。

包茎は誰にでもありうる

男性はそうでなくても性病にかかる可能性を誰もがもっています。
しかし包茎の人は、その感染確率が包茎のせいでさらに高くなるのです。
ここを注意しなければなりません。
もちろんこれは、日頃から清潔な状態を保つようにしておけば大丈夫です。

しかしケアを怠ると、包茎じゃない人よりもすぐに不衛生になるので、そのために性病にかかりやすくなってしまいます。

ここをよく理解して、男性はいつも亀頭と包皮の間を清潔にしておくようにしましょう。
さて、男性が性病になる原因は他にもあります。
それは、何かの原因で亀頭に傷がついてしまうことです。
性病のウイルスはその傷を入口に感染していくので、亀頭部分に強い刺激を与えたり、炎症を起こしたりしないように注意しなければなりません。
この点でも包茎は不利な状態にあります。
つまり、包茎の場合は細菌が繁殖しやすいので、もし亀頭に傷が入ったら、包茎じゃない場合よりも早く感染が広がってしまうことになります。

もとから細菌が密集しやすい状態で、なおかつダメージがあると、それだけ性病になる確率が高くなるのです。
その性病には、いろいろな種類があります。
一般的な亀頭包皮炎、尖圭コンジローム、尿道炎や、クラミジア感染症、性器ヘルペス、陰茎癌などです。
それぞれの性病でどんな特徴や症状が出るのか、前もって調べておくといいでしょう。