悩みの多い4型真性包茎について

包茎と一口にいっても、真性包茎、仮性包茎、カントン包茎とありますよね。
この中でも、定義が曖昧なのが仮性包茎です。
真性包茎とカントン包茎以外を仮性包茎と呼ぶのですが、あまりにも幅が広すぎることから1型から4型までに分類する方法ができました。
この内、仮性包茎に該当するのは2型と3型のみですが、ここでは4型真性包茎について解説します。

4型真性包茎とはその名を見ればわかる通りに、従来の真性包茎のことですね。
真性包茎とは亀頭の露出がほとんどない上に、包皮をむいて亀頭を露出させることができない状態のことになります。
仮に平常時では亀頭がほとんど露出していなくても、自分の手で包皮をむくことができたり、勃起時にはある程度亀頭が露出のなら3型に分類されます。

つまり、4型真性包茎とは亀頭が露出していないこと、包皮をむくことができないことの2つが条件だと考えて良いでしょう。

ちなみにカントン包茎ですが、これは仮性包茎における状態異常の1つとされているので、この4型分類には含まれていません。

では、どうして包皮をむくことができなくなってしまうのかとですが、大きく訳で理由は2つです。

1つは先天性真性包茎と言って、包皮の入口である包皮輪のサイズが非常に小さくて、亀頭を露出されることができないケースになります。
もう1つは後天性真性包茎と言って、亀頭と包皮の間が癒着をしてしまって、はがれなくなっているケースですね。

ちなみに先天性真性包茎の場合、包皮と亀頭の癒着を起こしているといったことも多く、これらの手術に関しては保険を適用することができます。
ただし保険の適用と言っても、手術にもよりますのでその点はしっかりと美容整形外科で相談すると良いでしょう。

亀頭と包皮が癒着してしまう原因を最後に書いておきますと、これは恥垢がたまりすぎていたり、包皮を無理にむこうとしてケガをしてしまった場合などに起こってしまいます。
ですので、包皮を自分でむくというのも良いのですが、充分に注意をしながら行う必要性があるでしょう。