「治療・手術の基礎知識」の記事一覧

包茎手術・治療にあたって最低限覚えておかなければいけない基本的な情報はいくつか存在します。

主な包茎の種類

まずは自分がどういう包茎の種類か?という点です。
現在は大きく分類して3種類に分類されます。

  • 真性包茎
  • 仮性包茎
  • カントン包茎

包茎のまま過ごす事によるデメリット

青年・成人になっても包茎のまま過ごしているとさまざまなデメリットが存在します

  • 雑菌や汚れに感染・炎症しやすい
  • 性感染症に感染しやすい
  • 早漏や短小になりやすい
  • 性行為が出来ない(真性包茎・カントン包茎)
  • 他人に知られると恥ずかしい(友達や恋人など)

治療の種類

現在包茎を治すには幾つかもの種類があります

  • 余分な皮を切って手術を行う
  • 切らない包茎治療・手術を行う
  • 矯正リングを使う(非推奨)

やはり矯正グッズ以外では、クリニックによる包茎手術が有力です

包茎手術の種類

包茎専門クリニックでは現在、以下の手術法が主流になっています。

  • バックカット法
  • 亀頭直下埋没法
  • 環状切開法
  • クランプ法
  • 切らない包茎手術

包茎手術が終わった後に注意しておく事

  • 入浴やシャワーはいつから?
  • 性行為・自慰行為は問題ないのか?
  • 仕事や学校にはいつから通えるの?
  • 抜糸はいつ頃か?
  • 手術後の患部の腫れや痛みはあるのか?
  • 包茎手術後のトラブルには何があるのか?
最低限これらに関する事を知ってから包茎クリニックに相談すると良いでしょう。

ページの先頭へ