包茎手術も手術ですから100%成功するという保証はありません。
これはクリニックでのカウンセリングなどでも説明があると思いますが、たとえわずであっても失敗のリスクがある、これを把握しておく必要があります。
では、包茎手術で失敗した時はどのようになってしまうのでしょうか。

よくある傷跡の事例

まず、もっとも典型的な失敗例が傷跡の問題です。
本来、包茎手術では傷跡が目立たないように細心の注意を払って手術を行うのですが、医師の経験が少なかったりすると手術後に傷跡が目立ってしまう可能性があります。
包茎手術したことを知られたくないという男性も非常に多いのですが、傷跡が残れば見た目ですぐにわかってしまいます。
また、手術の方法によって傷跡が目立ちやすい、目立ちにくいものがあります。
それぞれのクリニックがどんな方法で包茎手術を行うのか、これを事前に確認しておくことも求められるでしょう。
包茎自体は問題なく治るのですが、見た目の問題も重要です。

ペニスに影響が残る事例

この他に考えられる失敗例がペニスになんらかの影響が残るケースです。
余分な皮を切除する時、一緒に性感帯に該当する包皮小帯という部分を傷つけてしまうと手術後に感度が鈍くなってしまうリスクがあります。
せっかく包茎が治っても思うように性交を楽しむことができなくなってしまいます。
最悪の場合、勃起不全や射精できないという症状が出る場合もあり、見た目の問題以上に深刻な状態になります。
しかもこうした症状は再度手術をするなどして元に戻すことができません。
取り返しのつかない事態になり、こうした失敗は絶対に避けなければなりません。

yakuzaishi.2.r
もちろん、こうした失敗をする可能性は決して高くありません。
ごくまれだと言えるのですが、それでも可能性がある以上はこちらも慎重にならなければなりません。
私達患者ができることは信頼できるクリニックを見つけて手術をすることですので、できるだけ多くのクリニックでカウンセリングを受けるなどして対策をしましょう。