治療にかかる時間はどれくらい?

包茎手術を受ける前にぜひとも確認しておきたいことの一つは、治療時間です。
これが分からなければどういうスケジュールで治療を受けたらいいか決めることができません。
したがって、手術を受ける人は必ず確認しておきましょう。
さて、包茎手術にかかる時間ですが、それは単に手術時間だけのことではありません。
治療全体にかかる時間であれば、事前のカウンセリングからはじまり、手術が終わって完治するまでの時間も含まれます。
ですから包茎手術の時間を調べるときは、それぞれのステップでどのぐらいの時間が必要なのかを見ておきましょう。

手術時間

まず手術自体にかかる時間ですが、これは執刀医の技術や経験にも左右されますが、平均的に30分~1時間程度で終わります。

手術自体は入院の必要もなく早く終わるので、急いで治療を終わらせたい方には都合がいいといえるでしょう
しかし、この手術時間にカウンセリングと術後の完治するまで時間が加わります。
カウンセリングについては、手術を決定する前のカウンセリングと、手術当日の執刀前に行うカウンセリングがあります。
これはどちらも数十分程度で終わるものですから、治療全体に加わる時間もそれほど長くはなりません。
上手くスケジュールが取れれば、最初にカウンセリングを受けたその日に手術することも可能です。
その場合は、さらに治療時間が短くなります。

術後、完治までの期間

さて、治療時間のなかには、術後の完治するまでの時間も含まれます。

この時間は人によって異なりますが、概ね1ヵ月程度かかるといわれています。
当然、完治するまでは禁酒・禁欲などが課せられるので、1ヵ月程度とはいえ、それが解禁になるまでの時間が長く感じられる人もいるようです。

さて、包茎治療にかかる時間はこのようなものです。
手術時間そのものは1時間程度で終わるものの、カウンセリングと術後経過を含めると全体で1ヵ月程度がかかるということが分かりました。
ただし、ここで述べる時間は目安なので、実際に手術を受けるときは病院ごとに確認するようになさってください。