包茎治療はすべきなの?

包茎で悩んでいる人の究極的な悩みとしては、包茎治療を受けるべきか受けないべきかということになります。
この悩みを解消するために包茎別に少し考えていきましょう。

真性包茎の場合

まず真性包茎の場合ですが、手術を受けるべきですね。
真性包茎はハッキリと書いてしまうと、自分にとっても性交のパートナーにとってもリスクの高い状態です。

医学的に見ても治療をしなくてはいけないと言っても良く、その証拠に健康保険の適用を受けることができます。

しかし、ここで問題が起こるのですが健康保険の適用を受けるには、従来の見映えを気にしないで機能のみを考えた手術になることです。
機能性だけではなく、見映えもきれいにしたいというのであれば、保険適用外の手術を受けなくてはいけません。

カントン包茎の場合

カントン包茎の場合も同様に手術を受けるべきです。
カントン包茎は放置しておくと痛みのこともありますが、最悪では陰茎の細胞が壊死してしまって切除しないといけなくなります。
ですので、この場合もまた手術を受けた方が良いでしょう。
ちなみにカントン包茎も健康保険の適用を受けることができますが、真性包茎と同じような問題を抱えることになりますので、まずは医師と相談することをお勧めします。

仮性包茎の場合

最後に仮性包茎ですが、これは判断が難しいところです。
日本では包茎は悪といったイメージがあることから、仮性包茎でも手術を受ける人は少なくありません。
しかし、医学的に見た場合清潔にさえしていれば、特に大きな問題になることはないのです。
ですので、医学的に考えた時は手術を受ける必要はありません。

しかし、上でも書いたように日本では包茎に対して、ネガティブなイメージを持つことが多いので、それをコンプレックスにしている人は沢山います。

そうした人はコンプレックスを解消するためにも、手術を受けるのも1つの手段だと言えるでしょう。
自分自身に自信が持てるといったことはメンタル面でも大きく影響を与えるものなので、そこはしっかりと判断して下さい。
ただ手術を受けるのであれば、技術と実績のある病院で受けるようにしたいですね。