包茎の臭い問題

包茎だと陰茎の臭いが気になるという女性も多いようですね。
この陰茎の臭いということに、ここではスポットをあててみます。

臭いの正体

陰茎の臭いの正体ですが、これは普段から清潔にしていないことで起こるものだと考えてください。
特に包茎だと臭いが強くなるということがあるのですが、これは陰茎そのものが臭っているのではなく、包皮の内側にある恥垢が臭っているのです。
恥垢とは何かというと、簡単に書いてしまうと陰茎の垢であったり、汚れのことになります。
男性なら解るでしょうが、仮性包茎や真性包茎の人の場合は包皮の内側に白い汚れのようなたまることがあり、これが恥垢ですね。

包皮の内側の部分というのは湿度も高く、保温されているようなものですので、非常に雑菌が繁殖しやすい場所でもあります。

そんな場所に恥垢というエサがあると、どうしても雑菌が繁殖してしまい、臭くなってしまうのです。
これが陰茎の臭いの元となっており、陰茎が臭うというのであれば、恥垢をきちんと落としてきれていないと言っても過言ではありません。
ちなみに恥垢は見えやすい部分だけに付着するのではなく、亀頭の傘の部分やいわゆる裏スジの部分など見えにくい場所にも付着するので、丁寧に洗わないといけません。

多くの男性はきちんと洗っていますので、そこまで気になるような臭いをしているのは少ないです。
実際にほとんどの女性が陰茎の臭いを気にしたことがないようなので、そこまで過敏になる必要もありません。

また包茎ではないからといっても不潔にしていれば、それは臭いの原因にもなってしまいますので、包茎であるなしにも関わらずパートナーから臭いが気になると言われれば、しっかりと洗うようにしてください。

加齢臭などと同じようなものかと思って割り切っている男性もいるかもしれませんが、ただ清潔にしていないことが理由でもあるので、入浴時にはしっかりと洗うようにしてください。
基本的に性器周辺というのはアポクリン汗腺といって、体臭のもとになる汗を出す汗腺が集まっている部分でもあるので、消臭効果のある石けんを使うのもあながち間違いではありません。