子供の包茎はどんな影響があるの?

大人だけではなく子供も包茎になりますが、大人の包茎と子供の包茎はどう違うのでしょうか?
子供の場合でも、包茎であることで何か弊害があるのでしょうか。
子供の包茎は病気ではないので、包茎であること自体を弊害ととらえるべきではありません。
体がまだ完成されていないためにそのような中途半端な状態にあるだけで、時間が経てば包茎ではなくなります。
とはいえ、子供の包茎でも困ることはあります。

例えば、周りの友人と比較して自分だけが包茎であった場合、そのことを気にしてコンプレックスに感じてしまうかもしれません。
コンプレックスがひどくなると自分に自信が持てなくなるので、この点では問題がないとはいえません。
また、子供によっては亀頭包皮炎を繰り返してしまう場合もあります。

亀頭包皮炎の症状は短期的なもので大抵はすぐに治りますが、慢性的になると症状がひどくなります。
炎症が長引くと治りづらくなるので、その場合は病院で軟膏を塗ったり抗菌の内服薬を飲む必要があります。
ただし慢性的な場合を除いては、特別な治療を施す必要はありません。

あと、いわゆるカントン(嵌頓包茎)になる子供もいるかもしれませんが、この場合は放置せずに病院で診てもらうようにしましょう。
このように一部例外はありますが、ほとんどの場合で子供の包茎は治療を必要としないことが分かります。

治療が早いからいいわけではない

最近は、子供の包茎は病気だから早く治したほうがいいという考えも広まっていますが、それはあくまでも不安に思う親たちの先入観に過ぎません。
医学の専門家から見れば子供の包茎は病気とは見られていませんので、特別な異常がある場合を除いて弊害だと思わないようにしましょう。

十分な知識を持たない親は、子供包茎を見てただちに手術しなければと考えるかもしれませんが、手術にはデメリットもあることを知っておきましょう。

例えば、包茎の手術は保険適用できる範囲が狭いので、医療費が高額になります。
また術後の仕上がりは医師の技量に左右されるので、技量のないクリニックで手術を受ければ、後でつっぱりを感じたり感度が低くなったり、後遺症に悩まされることもあります。