日本人の包茎事情

男性にとって、男性器の悩みというのは大きな問題ですよね。
特に多い悩みが包茎についてです。
日本人男性の8割は何らかの包茎であるとも言われるくらいなので、手術を受けずに包茎でない人はかなりの少数派であると言って良いでしょう。
では、どうして日本人はそんなに包茎が多いのかを考えてみます。

包茎のネガティブイメージは日本だけ?

日本では包茎は恥ずかしいものといったネガティブなイメージを持つ人が多いのですが、実はこのような考え方はかなり特殊だと言えます。
日本ではなく世界に目を向けてみると、宗教や分化的な意味で割礼を行う人が多くいます。
割礼とは幼少期に包茎治療をしてしまうことですね。
ユダヤ教やイスラム教の人が割礼を行うのは有名なので、御存知の人も多いでしょう。
この割礼を行っているからこそ、海外の人は包茎が少ないとも言えます。

では、割礼を行っていないところではどうなのかと言うと、ヨーロッパが代表的なので紹介してみます。
ヨーロッパでは包茎手術というと、真性包茎もしくはカントン包茎の治療を行うもので、仮性包茎に対する手術は行われていません。
むしろ、仮性包茎はナチュラルペニスといって正しい男性器の状態であるとしているのです。
ヨーロッパの芸術を見るとわかりますが、基本的に男性裸は仮性包茎となっています。

つまり、包茎であることが正常であるという日本とは正反対の考え方だと言えますね。

日本では勿論のこと割礼の習慣はありませんので、どちらかと言えばヨーロッパに近い状態だと言えるでしょう。
そして、もともとの包皮の役割を考えれば仮性包茎であることは、当たり前のことでもあるのです。
医学的に見ても、仮性包茎は病気とされていませんし、清潔さえ保っていれば何の問題もありません。

つまり、日本人のみが特別に包茎が多いという訳ではなく、もともと包茎であることが当たり前なので、恥ずかしいと思うこともないのです。

日本では上でも書いたように包茎は恥ずかしいことといった風潮があるので、コンプレックスに思ってしまう人も多く、そのコンプレックスを解消するために手術を受ける人も少なくありません。