ナチュラルペニスとは?

海外では手術をしておらず、仮性包茎状態のペニスのことをナチュラルペニスと呼んでいるそうですが、このナチュラルペニスについて少し解説していきます。

そもそも海外では割礼というものが行われていることが多いです。
割礼とは宗教的や分化的な理由で、ある程度の年齢になった時には儀式として包皮を切除してしまうことですね。

代表的な例を挙げると、ユダヤ教徒やイスラム教徒、一部のキリスト教徒、アボリジニなどのケースがあります。

つまり、国によっては包茎の成人男性がいないというケースもあるでしょう。

こうした割礼があることで、本来の自然なペニスの形であるナチュラルペニスに憧れを持っているという人も少なくありません。
日本では包茎は恥といった風潮がありますが、真性包茎やカントン包茎のように手術の必要がない場合は、特に手をいれないという人も多いのです。
特にヨーロッパではその傾向が強く、医学的に必要な手術と割礼以外に関しては包茎手術が行われることはありません。
日本のように包茎で恥ずかしいから手術を受けるといったケースはまったくなく、むしろ仮性包茎であることに誇りを持っていると考えて良いでしょう。

ヨーロッパでは自然な状態が美しい

そもそもヨーロッパの芸術は人間が自然な状態であることを美としてとらえることが多く、かの有名なダビデ像なんかも実は仮性包茎なのです。

つまり、日本とヨーロッパに関してはまったく違う価値観を包茎に対して持っていると考えて良いでしょう。
もともと8割近くの男性は手をいれなければ仮性包茎になるとのことなので、仮性包茎が自然であると考えてもおかしくはありません。

近年ではこうしたナチュラルペニスに憧れを抱くといった国や地域も増えてきており、逆に日本のように包茎手術をしている国は少なくなっていると考えて良いでしょう。
お隣の国の韓国では一昔前までは9割近い男性が包茎手術を受けていたようですが、現在ではかなり手術をする人は減っているそうです。
日本で住む上ではやはりコンプレックスになってしまうことも多く、そうした時はまず病院で相談してみることをお勧めします。