世界の包茎手術

日本人男性の3人に2人は何らかの包茎であるとも言われているので、意外と包茎であることを気にしているという男性は少なくありません。
日本では包茎というと恥ずかしいイメージがありますが、少し視点を変えて海外ではどう考えられているのかを知ることで、日本との違いというものを考えてみましょう。

包茎手術はあまりしてない?

そもそもの話ですが、日本のように包茎手術を行っている国はどのくらいあるのかと言うと、ほとんどの国で行われていません。
そもそも海外での包茎手術というと、真っ先にくるのが分化的や宗教的な意味合いでの割礼ですね。
イスラム教徒の人であったり、ユダヤ教徒の人の場合は儀式としての割礼を行いますし、一部のキリスト教での該当します。
また、アボリジニのような人たちの間でも分化的な意味合いでの割礼が行われています。

海外で手術を行うケース

もう1つ、海外で行われている包茎手術としては、カントン包茎や真性包茎といったケースですね。
これらの包茎については、医学的に処置が必要となる場合が多く、一般的に包茎手術と言うと、この手術を指すことになります。

日本のように包茎でなくすことを目的としたものではなく、あくまでも医療的な措置として行われるのです。

そもそも仮性包茎の場合ですと、男性自身が衛生面に気をつけているのであれば、ほとんど問題はありません。
勿論、性交時の悩みというのはあるかもしれませんが、医学的に見ても特に処置をする必要がないのです。
ですので、日本のような包茎手術を行っている国の方が少ないということを覚えておくのも良いでしょう。

ちなみにですが、お隣の国である韓国の場合を見てみると、少し前までは包茎手術というのは先進国の義務であるといったような考え方がなされていて、ほとんどの人が包茎手術を受けていたようですね。

しかし、現在ではそうした考え方も薄れてきており、包茎手術を受ける人の割合はかなり減少しているようで、ナチュラルペニスの人が増えていると言って良いでしょう。

日本とは異なる考え方をする国がほとんどであり、かえって希少な考え方をしているのが日本かもしれませんね。