亀頭直下埋没法は、現在もっとも多く採用されている包茎手術のための方法と言え、特にクリニックでよく見られます。

亀頭直下埋没法のメリット

数多くある包茎手術の方法で亀頭直下埋没法が多く使われている理由、それはやはり手術跡が非常に目立ちにくいという点になるでしょう。
手術跡がはっきりと残ってしまうと他人から見て包茎手術をしたことがわかってしまいます。
包茎を治療したことは秘密にしておきたい、そう考える男性がほとんどですからこれはとても大きなメリットになります。
ではなぜ亀頭直下埋没法だと手術跡が目立たなくなるのでしょうか。

実際の手術法

亀頭直下埋没法では余分な皮を切除した後、亀頭のすぐ下の溝のようになっている部分、いわゆるカリのすぐ下で縫合をします。
そのため亀頭直下埋没法という名称になっているわけですが、カリのすぐ下で縫合することによって手術跡がカリによって隠され、見た目ではほとんどわからなくなるという仕組みです。
また、縫合することによって皮がツートンカラーになってしまうというデメリットも解消されています。
見た目の面ではほぼ完璧な手術方法だと言えるでしょう。
非常に優れた手術のため多くのクリニックで採用しており、どのクリニックでもこの方法によって治療を受けることができるのも大きな特徴です。

亀頭直下埋没法のデメリット

逆に亀頭直下埋没法のデメリットを見ていきましょう。
亀頭直下埋没法は縫合が難しいとされており、担当する医師の技術力によって結果に差が出る傾向があります。
せっかく手術跡が目立たない方法なのに手術跡が目立ってしまったりすることもあり、これでは亀頭直下埋没法を選んだ意味がなくなってしまいます。
また、皮を切除する際に包皮内板という部分も切除するのですが、これによって感度が悪くなってしまうという報告もあります。
包茎治療後、充実した性生活を送るうえで感度は重要ですのでこの点には十分気を付けたいところです。

亀頭直下埋没法を選択する場合はクリニックでのカウンセリングが重要になります。
信頼して手術を任せられる医師なのかどうか、カウンセリングでしっかりと見極め、理想のクリニックを探すようにしましょう。